全身脱毛するとき、ハイジニーナもやったほうが良いですか?

全身脱毛をしたことがない人にとっては、ハイジニーナという言葉は聞きなれないかも知れません。
ハイジニーナとは、アンダーヘアをすべて永久脱毛することで、「衛生」を意味する英語からきている言葉です。
全体から見れば、まだまだ少数派ではあるものの興味があるという人も増えてきています。
そこでハイジニーナのメリット・デメリットなどを紹介します。

「メリット」
清潔を保てることと、見ための良さがメリットといえます。
汗をかいたときや生理中はどうしても蒸れてしまいますよね。
蒸れればニオイやかゆみ、かぶれなどが発生しやすくなります。
汗腺(汗を分泌する器官)には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、エクリン腺から出る汗はほとんど水分です。
一方、アポクリン腺から出る汗には、脂肪やタンパク質、アンモニアなどが含まれているため、ニオイやすい傾向があります。
陰部はアポクリン腺が多いため、蒸れるとニオイやすくなってしまうのです。
もちろん、ムダ毛がなければ通気性が良くなるため蒸れが抑えられます。

かわいい水着や下着を着たくても、布部分が小さいとムダ毛がはみ出てしまわないか気になりますよね。
ハイジニーナなら気にすることなく、好きなデザインのものを自信をもって着ることができます。
また、除毛した場合と違って、生えかけのムダ毛によるチクチク感が気になることもありません。
ムダ毛処理ってお肌に負担のかかることですよね。
除毛だとこまめに処理をしなければいけないので、お肌に繰り返し負担がかかります。
すると徐々にお肌が黒ずんできてしまうことがあります。

「デメリット」
温泉など公共施設に行ったときツルツルだと恥ずかしいことと、脱毛中チクチクしてしまうことがデメリットです。
海外ではハイジニーナにしている人は多いのですが、日本ではまだ少ないです。
そのため、温泉などでは目立つ可能性があるので、しっかりタオルで隠すようにしましょう。
ハイジニーナ脱毛は1回で終わるわけではありません。
脱毛し始めたころだけチクチク感が気になるという人もいます。

脱毛サロン